465.ノーザンブルー
北国では夏至が来ると、「あとは寒くなるだけ」と落胆する人を何人も見る。
464.シングルライフ
いつもの場所にスリッパがない。奇妙に思いながら家の中を探してみると、トイレに腰掛けた時のまま置いてあるのを見つけた。用を足しているお化けと鉢合わせしたみたいですごく怖かった。
463.
“ 私は日常の坦々とすぎさりゆく順序になにかを感じています。 ” 荒木経惟
461.サンセット
西日が差し込む格安チェーンの床屋の中で、年配の従業員が手だけ動かしながら、表の日曜日の夕方を眩しそうに見つめていました。
460.ライトミニット
台所の電気がつかなかった。ただ時々グローランプが光るのでそのままにしてみたら、なんと15分後に明かりがついた。光の速さで火星までが13分かかるから、天井が火星の少し先にあるのと同じだけのタイムラグだ。世界はロマンに満ちている。最寄りの電器屋は徒歩25分の彼方だ。
459.ナノテク
すごい安かった海苔がすごい薄かった。

あの年に生まれたあの子が使っているのは、大人になっても座れるとても素敵な椅子だ。
457.アンカウンタブル
「sheep」は複数でも「sheeps」にはならないそうで、「広島カープ」が「広島カープス」じゃないのもどうやらそういうことみたいだ。