395.スパイアウト
バスの中、座る僕の上空で展開された、冬の間の女の子の脇の下の毛の話に和みつつ、寝たふりしたげた朝でした。
Comments
Post a comment