352-600.jpg
バスに揺られて雪景色ジャンボリー。たっぷり日差しがシャイニンで、僕らはみんなぽかぽかだったさ。
356-600.jpg
ミヤギポラロイズのあの人のまさかの投げキッスを授かった晩。僕らはにったりハッピネスピッカーンだったのだ。
389-600.jpg
冬季閉園間際にみんなでぞろぞろ滑り込んだ。キリンまではたどり着けなかったゼットオーオー。
346-600.jpg
ポラロイズ屈指のいじられフェアリー、僕の街へとボサボサむはむはランディング。
341-600.jpgユニフォームボーイズにガンくれるグローブキッド、ぽつりスカウト待ち。
363-600.jpg
イワテジャンボリーの残りもの、愛すべき「チーム2泊3日」。アワナホーゥデョーォ、ハ、ア、ア、ア、ア、ア、アーン。
350-600.jpg
三次元世界標準で2.5時間彼方のメガシティからあいつらがやってきた。相も変わらずな感じでやってきた。
322-600.jpg
かつては大人も子どもも爺婆も裸でうろついてたはずの、元銭湯フィーリン丸出しパーキングに差す天窓スポットライト No.5。
310-600.jpg
腰掛けるだけでチーム一丸電車を待てる、いなか球団 『土沢ステーションズ』。ベンチを温めるベテランじじばば多数在籍。
303-600.jpg
我が家にハートがやってきた。セルフ調達版・ハッピネスのおすそ分け。